【住み替え】すまい給付金 2度目はもらえないらしい【無知】

マンション売却
スポンサーリンク

こんにちは!


現在の住まいは2度目のマイホームでございまして、
1度目は新築分譲マンションに住んでいました。


1度目のときはなんの疑いもなく、
夫100%持ち分で住宅ローンも夫100%で契約しました。

その後私は2度の産休・育休をとりましたので、
夫100%にしておいて良かったな〜と思いました。
(産休・育休期間中は税金など非課税なので住宅ローン減税で受け取れる還付がないため)




その後、まさかのマイホームの住み替え。


今回もよく考えずに
前回同様持ち分も住宅ローンも夫100%で契約しました…
(私がずっと働くとは限らないのもあり…)






そして無事に(?)引き渡しを終え、

いざすまい給付金を申請しようとしたら…
題名の通りでございます。


すまい給付金は1人1度しかもらえないだなんて…




無知すぎました。
いろいろとショックです…


すまい給付金とは

すまい給付金は、
消費税率引上げによる住宅取得者の負担を緩和するために創設した制度です。
一定の要件を満たすマイホーム購入者に、
現在は最大50万円支払われます。



そういう意味でいうと、我が家の場合、

1度目のマイホーム:消費税5%→8%
2度目のマイホーム:消費税8%→10%

に上がったところでの住宅購入ですし、
ガッツリ期間内なのですまい給付金を貰えるもんだと思っていました…

国土交通省のサイトに記載あり

すまい給付金を申請する気まんまんでしたが、
ある日夫から連絡が…

「すまい給付金って1人1回しかもらわれへんらしい…」



調べてみると、本当にそう書いてあるではありませんか…

Q.期間中に買い換えた場合、何度でも給付金はもらえますか?

A.すまい給付金は期間中1回だけ受け取ることができます。
すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担を軽減するための仕組みです。住宅の取得・転売を繰り返すような場合は、すまい給付金の対象は1回限りです。

国土交通省 すまい給付金


取得・転売を繰り返しているわけではないですが…

すまい給付金という制度の期間中に1回だけ受け取ることができるとのことで、
すでに1度受け取っている夫は、
今回のマイホーム取得では受け取れないんですね…(T_T)

ああ…ショックです。




すまい給付金をもらうためには

我が家は登記上100%夫の持ち分で
マイホームを購入しています。

2回ともです。


それは、
私が今後も仕事を続けられるかわからない
と思っていたからです…

あとなんか住宅ローンは大黒柱に組んでほしいという気持ちがあった…←



実際1度目のときは、
期間中約4年間の産休・育休(待機児童による延長含む)を取っており、
もし私も住宅ローン減税を受けていたら
その間は還付される税金がなかったということですので、
この判断はただしかったと思っています。




ただ、2回目のマイホーム…

2人の子供は成長し体調も落ち着いてきているし、
小1の壁も一応(今のところ)クリアしている。

私自身昇給もあり、
多くはありませんが税金も支払っています。

そして、今後子供が増える予定は(今のところ)ありません。




よく考えて、
私も連帯債務者となり持ち分を持てばよかったな〜とも思います。

そうすれば私の持ち分に対してはすまい給付金をもらえたし、
住宅ローン減税も結構受けられただろうな〜…と。
(夫に比べて年収が低いのですまい給付金もたくさんもらえたかも…
あくまで持ち分に対してですが。)



今後子供のケアや介護のために仕事を辞めざるをえない…
ということが、
可能性としてはゼロではありませんが…

無知は損

もし事前に
すまい給付金は1人1回しかもらえない
ということがわかっていたら、



住宅ローンの契約も連帯債務にしていたかもしれません。

本当に無知は損です。



住み替えにおいては、
本当に制度や控除等で知らなかったことばかりで、
すごく後悔していますので、

これから住み替えを考えている方には、
少しでも多く正しい情報を得てほしいと思い、記事にしました。






なお、
すまい給付金をもらうには、
かならず建物の持ち分をもっておかなければならないこと(土地だけでは☓)


住宅ローンを組まずに現金で持ち分を支払っている場合、
現金取得者として、50歳以上ではないとこれまたすまい給付金をもらえないこと


登記を変更する場合は、贈与が関わってくる可能性があること…




もうとにかくややこしいことがいっぱいで、
無知な自分が嫌になりますが、
どうこねくり回しても我が家は今回すまい給付金がもらえないことがわかりました(笑)


いろいろな知識を付けて事前に知っておくということは
いろいろな選択肢を持つことになりますので…

すこしでもどなたかの役に立てば幸いです。




コメント

タイトルとURLをコピーしました