【リクシル AS】2400mmキッチンは狭いか?実際の使い勝手について

スポンサーリンク

こんにちは!


我が家のキッチンのサイズは、
HM標準の2550→2400に変更しております。
(厳密に言うと2435mmですが便宜上以下2400と表記させていただきます)




本日は、2400mmの幅のキッチンを実際に使ってみて、
使い心地はどうか?後悔していないか?


について、我が家の体験談を記載したいと思います。


標準2550から2400にダウングレードした理由

HM標準のキッチンサイズは、幅2550mmでした。
しかし!


あえてダウングレードして、
幅を2400mmのものを採用いたしました。




その理由は、以下の2点です。

  • 横並びダイニングキッチンにしたかった
  • アイランドキッチン(風)に回遊できる間取りにしたかった








▼詳しくはこちらをご覧いただけますと幸いです。







横並びキッチンかつ
アイランドキッチンにするためには、
我が家は狭すぎるため、キッチンを2550→2400にせざるを得ませんでした。





そこで、
幅2400のキッチンは狭いのか?を、
各社のキッチンで比較を行いました。


▼詳しくはこちら







検討したところ、
リクシルASというキッチンであれば、2400のキッチンでも問題ない!


と納得しましたので、
採用に至りました。


リクシルキッチンas(アレスタ)2400の寸法

2400のキッチンの実際の寸法をご紹介します。

2400キッチンの寸法

実寸サイズを測ってみました。(誤差あり)
ちょっと分かりづらい寸法記入ですみません…

図に記載漏れておりますが、
キッチンの奥行きは970cmです。




ちなみに、
リクシルASの2550のキッチンの場合は、
作業スペースが増えるわけではなく、シンク横のスペースが大きくなるだけのようです。

調理スペースは2550も2400も大差なし

我が家のキッチンは壁付けではないので、
シンク横にあまりものは置けません。




2550であれば、シンク横のスペースが大きくなりますが、
何も置けないしかといって作業できるほどのスペースでもないので、
本当にただの空白になってしまいます。

シンク横にこれ以上スペースがあっても使い勝手は変わらない…



なので、
実際に使う調理スペース、作業スペースだけで考えると、
2550と2400は大きく変わらないと思います。



作業スペースを増やしたいなら幅より奥行きがオススメ

2名以上で一緒にお料理をする場合は、
キッチンは幅があったほうが便利ですが、

我が家は基本私一人がお料理するので、
むしろ横移動が増えるというデメリットにすらなってしまう可能性があります。





作業スペースを大きく取りたいという場合、
キッチンの幅を大きくすることよりも、
奥行きを増やした方が、一人で調理する場合は使い勝手がよくなるのではないでしょうか。






HM標準は手元隠しがある対面キッチンでしたが、
我が家はフルフラットオープンキッチン(収納つき)タイプにしました。


キッチンの奥行きは
標準650cm→フルフラット970cmになっております。

奥行き970あれば、
材料も調味料も並べた上で、十分に広々と調理することができます。






食洗機対応 丸いまな板 耐熱


HANAKO エラストマーカッティングボード 抗菌まな板 食洗機対応

▲黒色で丸いまな板は使い勝手バツグン!

2400キッチンはコックピットのように動ける

うちのHMの標準は2550でしたが、
もっとグレードアップされる方は、2700を選ばれたりするそうな!




大きいキッチンはやっぱりカッコいいし、
憧れます!


一方で、その分移動距離が増えてしまうのは確実です。






2400のキッチンは、
コックピットのように動けるので、動線が短くて結構使い勝手悪くない!と感じています。




基本的に1歩+振り向くだけ

コンパクトなキッチンも悪いことばかりではありません。
基本的に1歩+振り向くだけ(ピボッドターン)で大抵のものに手が届きます。

トラベリング取られません。←元バスケ部

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • 食器棚
  • ゴミ箱



すべて一歩で済むのは、
めんどくさがりでせっかち人間にとっては、
むちゃくちゃメリットですよ!






と言っても、
前のマンションの時2550のキッチンでもコックピットのように動けたので、
キッチンの動線に関しても、
2550と2400は使い勝手に大きく差は無いんじゃないかな〜と思います。



2700になると、
結構変わってきそうですね。

キッチン2400にして横並びアイランドキッチンにしてよかった

我が家がもう少し大きければ、
2550のキッチンを採用したかったですが、
標準からダウングレードしたことで、
ダイニング・キッチン横並び 且つ、アイランド風キッチンにすることができました。






うちの夫は、ハイボール作ったりするのに冷蔵庫をウロウロするのですが、
前のマンションのときはペニンシュラ型キッチンで奥に冷蔵庫があったため、

料理中本当に邪魔でした。←








アイランドキッチンにしたことで、
お互いストレスなくキッチンで用事をすることができるようになったので、

やっぱりキッチンを2400にしてでも、
今の間取りを採用してよかったな〜と思います。







キッチンの間口は狭くなりましたが、
調理スペースの幅が大きくなったため、
前のマンションの2550よりも圧倒的に今の2400のキッチンの方が使い勝手が良いと感じています。

旧マンション2550キッチンの調理台
現一戸建てキッチン2400の調理台

▲まな板は同じものです



リクシルキッチン2400のデメリット(若干後悔)

2550から2400のキッチンにした場合、
デメリットを1点上げるとすれば、

キッチン前収納をすべて片開き扉にできないことです。



キッチン前収納(2400)


↑こちら2400の我が家のキッチンの写真ですが、
向かって右側に黒いライン取っ手が半端についているのがわかるかと思います。


2400のキッチンでは、
幅の問題で引き出しがついてしまいます。




こちら2550であればすべて片開き扉にできるので、
かなりスッキリした見た目になるのです。


私

でもやっぱり、引き出し収納は使いやすいので重宝しています!笑





こればかりは、
本当にかなり悩んだし、
後々マイホームブルーで苦しめられることとなりました。笑

可能であればやはり2550で全部片開き扉が良かったです…





ここは後悔ポイントというか、妥協ポイントというか…
という感じです。

まとめ

幅2400のキッチンの使い勝手について体験談をお伝えしました。



結論としては、
2550のキッチンと、使い勝手は大きく変わらない。





キッチンをコンパクトにすることで、
間取りの自由度がアップする場合は、
ダウングレードするのも一つの手かもしれません。





コメント

タイトルとURLをコピーしました