【第一種衛生管理者】2週間で試験に一発合格した勉強法。テキストはいらない?オススメの問題集について

働母
スポンサーリンク

ワーママの皆さま、会社の目標設定ではどのようなことを書いていますか?

私は時短勤務だし、バックオフィス業務だし、数値化しにくい仕事だし…
毎年悩まされています。


そんな目標設定。
ウェイトは低いですが、毎年「自己啓発」の項目を設けています。

仕事の進捗やスケジュールを管理し、
時間をつくって各種セミナー視聴やe-learningを受講する。

そして資格取得!!

資格取得はわかりやすい目標ですよね。
そんなわけで今期の目標設定で上げていた第一種衛生管理者の資格。

見事一発合格することができました



ネットでは過去問やっときゃ受かるというような意見もありますが、
正直難しかったです!!

ぶっちゃけ過去問解くだけでは難しいと思います。
過去問と似て非なる問題がたくさん出たから、きちんと問題と答えを理解していないと難しいと正解は取れないと思いました。


そんなわけで、今回、
第一種衛生管理者試験に約2週間(実質10日)の勉強で運良く合格できた勉強法について、
誰かのお役にたてればと思い、記録しておきます。

ワーママでもスキマ時間の勉強でなんとかなるもんです!

あ、あくまで資格合格のための勉強法なので、
実際の業務に役立つ知識はつけられませんのであしからず…

第一種衛生管理者とは?

第一種衛生管理者は、国家資格でございます。
職場で働く労働者の健康障害や労働災害を防ぐために、
50名以上の労働者がいる職場では、この資格保持者を1名以上選任しなければいけないようです。
労働者の人数が増えると、選任する必要がある人数も増えていきます。

私の務める職場でももちろん所持者はいたのですが、
異動や退職が重なり、衛生管理者が不在になる可能性がでてきたので、
早急に取得が必要になりました。
(ちなみに選任義務があるのに衛生管理者が不在だと、罰則もあるようです)

事業所ごとに必須の資格ということで、
国家資格としてはハードルは割と低めのようです。
(難しすぎると所持者がいなくなっちゃいますもんね。)

4科目の全40数問から出題され、
合格基準は、
各科目の正解率が40%以上、全科目で60%以上です。
(つまり全問題で正解率60%だったとしても、
一つの科目で正解率30%だったら不合格となります。)


というわけで、職場に必須な資格でかつ、
ハードル低めの国家資格とのことで…

会社の目標設定に悩んでいるワーママにおすすめの資格でございます。笑

第一種衛生管理者ってどんな問題?範囲?テキストは?

第一種衛生管理者は、ほぼ暗記問題と言ってよいです。
暗記問題、得意ですか?

私はむちゃくちゃ苦手です!



暗記問題得意な方でも、もしかしたら
第一種衛生管理者の試験勉強は大変かもしれません…

なんてったって、聞いたことない言葉だらけ出ますから…



本当に
ちょっと何言ってんのかわかんない…
状態ですよ…。


労働者の安全と衛生を守る管理者なので、
有害物質の名前や、その症状などを覚えないといけないんです。



たとえば…
有機溶剤、
ベンゾトリクロリド
ジクロルベンジジン


本当に何言ってるのかわからない…



水銀が体に悪いのは知っていますが、
水銀を吸う(?)とどのような症状があるか、
ご存知でしょうか…?

ノルマルヘキサンを吸う(?)と
どのような症状が…(略)


このような、
普通の事務職サラリーマンには全く関わったことがない化学物質をたくさん覚える必要があります。




しかも範囲がとんでもなく広すぎる!!!


真面目に理解して暗記していたら、
2週間で合格なんて絶対に不可能です。


なので短期間の試験合格のためには、
理解しようとするな!!とにかく覚えろ!!

という勉強法になります←

テキストは買わなくていい。要点がまとめられた一問一答はおすすめ

上記で述べましたが、
第一種衛生管理者は本当に出題範囲が広いです。

なので、テキストなんて買って読破しようもんなら
それだけで1ヶ月くらいかかるし、

聞いたことない言葉だらけなので頭に入らず、
ただ読書後の昼寝が捗るだけで

時間の無駄です!(どーん)



過去問はネットに落ちているのでできる人なら
最悪買わなくてもなんとかなるかもしれませんが、

ネットで公開されている過去問は、問題がワンパターンすぎて、
違う選択肢が出たとき全く解けなくなってしまうと思うんです…

(試験を受けた所見では、
過去問と全く同じ問題2割、過去問の選択肢を変えた問題6割、全くわからない問題2割…て感じですかね…)




問題と答えを覚えるだけでは合格は不可能なので、
過去問と解説、頻出される範囲の要点がまとめられたテキストや問題集が有れば良いと思います。

私が購入した問題集は結構よかったな〜と思ったので、
紹介しておきます!

ブックオフで400円くらいで買いました!(どーん)



試験を受けたのは今年(2020年)ですが、
古本なので2017-18年版と少し古いです…


衛生管理者は、基本的に出題範囲はそこまで大きく変わることがないようなので、
多少古くても大丈夫!笑

この本も定価1800円+税とかですよ!高〜!
中古で全然OK!笑

中身はこのように一問一答形式になっています。

★の数で頻出具合が分かるようななっており、効率的に問題を解くことができました。
(★が無い問題はスルー)

単元ごとに簡単な解説があります。
例えばこちらの局所排気装置の形状。名前だけではイメージが湧きません。

絵で覚えるというのはとても効果的です。
これは過去問解いているだけでは、イメージできませんもんね。

正直この問題集はサブとして使っていましたが、
やはり過去問とその解説だけでは、本番の問題では詰んでいたと思うので、
買ってよかったと思いました。



新しいものはこちら。電子書籍なら少し安い…


ワーママが2週間で一発合格した勉強法


さて、具体的な勉強方法について書いていこうと思います。

私は現在、9.25−17時で時短勤務をしている二児のワーキングマザーです。

自由時間はあまりありません。

  1. 通勤電車(10分)
  2. 昼休み(食事20分として40分)
  3. 寝かしつけ後(2時間程)

くらいだと思います。

ぶつ切れでしか勉強時間を取れない為、
コツコツ少しずつ前々から勉強しても、
絶対忘れる…

そう思ったので試験の月になったらガチでやる!!
と、試験月の1日に勉強を開始しました。

試験は11日…。10日間の勉強でした。
(土日はさんでいる為実質それ以下)

昼休みに毎日過去問を解く

まずは一度、どんな問題が出るか、過去問を解いてみます。
ネットで公開されているなかでも、解説付きのものがおすすめです。
第一種衛生管理者 sat 過去問」で検索がおすすめ!


最初はとにかく意味不明すぎるし、問題数も多いので
昼休みだけですべての問題をとくことはできません。
(実際の試験時間は3時間、問題数は40数問。)


しかし毎回同じ問題が出てくるので、
繰り返すことで嫌でも覚えていきます。
(特に1問目は必ず衛生管理者や産業医の選任についての問題です。)


まったくわからない問題は、解説を読んで理解する。
解説を読んでもわからない問題は、
前述の一問一答問題集の解説を見て、
なぜこの問題の選択肢がこれになるのか?をしっかり理解しました。

夕飯の食器洗いをしながらYouTubeで語呂合わせ暗記、解説視聴

2週間で合格するために最重要なのは
YouTubeです!!!(どーん)


これなしでは私は絶対に合格していません!!←


YouTubeでかなり逸材な語呂合わせが公開されております。
是非見てください!!
「第一種衛生管理者 語呂合わせ」で検索すると出てきます。
タクシー会社のおにいさんの動画が逸材です。

タクシー会社のおにいさんの動画だけでは少し種類が少ないので、
ナース?のおねえさんの動画で足りない分補いました。


消化器系の単元は語呂合わせではなく、satの解説動画を視聴しました。
体の仕組みについては、とっつきやすいので一度解説を見るだけでそこそこ理解できます。
解説を見てから問題を解いたほうが効率が良いです。


いまは仮住まいで団地住まいのため、
幸い(?)食洗機がありません。

夕飯後、家族4人分の食器を洗いながらYouTubeを見て暗記しました。



音と絵で覚えるのは
文字を読んで覚えるよりも数倍早く覚えられる気がしますよ!

今でもタクシーのお兄さんと機関車ボーマスくんが頭に浮かびます…←

語呂合わせとキーワードをまとめた暗記ノートを作る

YouTubeは、必要な情報をサッと確認したいとき時間がかかってしまいます。
不明点を調べたいのに、
毎回10分くらいかけて動画視聴していては効率が悪いです。

なのでアナログですが、
やはり自分で字を書いてノートにまとめるというのは
暗記するのには効果的でした。


字が汚くてすみません…
こちらが実際のノートです。
化学物質の存在様式(常温常湿でどんな形で存在しているか)を
語呂合わせの順番でまとめたものです。

こんなもん実生活で見たことも聞いたこともないですよね。
Youtubeの語呂合わせのおかげでなんとか覚えることができました。

こちらは血液の循環です。(字が汚…以下同文)
大昔に理科で習いましたよね…これはsatの解説動画を一度視聴し、
絵で書くことで一発で覚えられました。
(実際の試験中も絵を書いて確実に解きました!)



過去問を解き、なんだっけ?という問題が出てくると、
問題集で調べてノートにキーワードを書き、
次回またわからなかったらノートを確認する…

というのを繰り返しました。

観て・聴いて・書いて・描いて覚えるのが効率良い暗記方法だと思います!

毎日の基本スケジュールまとめ

毎日の基本スケジュールをまとめるとこんな感じ。

  • 会社の昼休み:過去問を解く
  • 夕食後の食器洗い中:Youtubeを見る
  • 夜の自由時間(1〜5日):語呂合わせノート作成、過去問
  • 夜の自由時間(6〜10日):ひたすら過去問

結局過去問はネットで公開されていた最新のもので、
平成30年の1回、令和1年の1回、令和2年の2回の
全4回分を2回ずつくらいは解きました。

実際に試験を受けて思ったこと

過去問と全く同じ問題も数問は出ましたが、
多くは既視感があるのに自信を持って答えられない問題でした。

その場合多くは、
・選択肢が聞いたことがないものになっている
・問題が微妙に異なり、難易度が上がっている
この2パターンでした。

なので受かる自信は正直ありませんでした…。
むずかしかったです。



今回合格できたのは、
・過去問と全く同じ問題は確実に正解させた(はず)
・選択肢が聞いたことないものが入っていても、
ある程度消去法が使える程度に理解していた

という2点が大きいと思います。




第一種衛生管理者は前述の通り、
各教科40%以上かつ全体で60%以上正解していれば合格します。

基本的な内容を確実にしっかり勉強したら、
私のような暗記が苦手な人間でも合格ラインをクリアすることができましたよ!
会社から報奨金3万円もらえましたよ!←


勉強の仕方は人それぞれなので、
この方法が最良とは言えませんが、参考程度になれば幸いです!

さいごに…第一種衛生管理者受験は結構めんどくさい

第一種衛生管理者の受験には結構手間とお金がかかります。

  1. 受験申請書の請求(返信封筒)
  2. 受験申請書提出(簡易書留)
  3. 受験料 6,800円
  4. 振込手数料
  5. 試験会場までの電車賃

出張会場以外は結構中心地から離れたところにあるので、
私の場合電車賃往復3,000円とかになるとこでした…
出張会場で受験できたので数百円で済みましたが。

また、受験後も免許発行の印紙税や送付用封筒(書留代)など…
地味にかかりますので、
免許発行までに10,000円くらいかかると思ったほうが良いです…。

会社から報奨金と資格取得支援で受験料が還付されましたが、
そうでなかったら受けたくないですね…←


受験申請自体がハードルが高く、
まず受験申請書もダウンロードできないため、
返信用封筒だけを郵送して申請書を請求する必要があります。
(または直接取りにいく)

そして実務期間が10年以下の場合、
卒業証明書等も取り寄せなければならないし、
女性の場合学生時点と姓が変わっているので住民票も必要だったり…

本当に面倒くさいです!!!


受験申請書だけだったら、
不要になった方がメルカリで出品していらっしゃる場合もあるので、
手間賃考えるとメルカリで購入するほうが安いかもしれません。


ちなみにメルカリ登録時に招待コード
UKYUSM
と入力いただけたら、あなたと私に500円分のポイントが付与されます。

第一種衛生管理者のテキスト等も出品されていますので、
ご活用いただけたら嬉しいです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました