【学童閉鎖】ランドセルキーケースを購入。目立たないタイプがオススメ!小1鍵っ子の留守番にアレクサが大活躍

スポンサーリンク

こんにちは!


ついにきました。



学童閉鎖は突然に……






子ども(小1)が通う学童で、新型コロナウイルス陽性者がでたので、
数日間閉鎖となりました。
(幸い、学級閉鎖ではありませんでしたが、
それもいつあるか……)


学童は異学年が同じ部屋で活動していますので、
もしかしたら、
学級よりも閉鎖になりやすいっちゃなりやすいのかもしれません……

子供が先に家に着いてしまう対策に鍵を持たせることに

通常子どもが学童に行っている日は、
子どもが家に帰ってくるのは17時すぎです。

うちの学童は延長すれば18時まで預かってもらえますが、
その場合親がお迎えに行く必要があります。
仮住まいで越境入学していた時は18時まで延長契約していましたが
お迎えに行くといつも息子一人でした……。

新居に引っ越してからは延長契約をやめて、17時に息子自身で帰宅するようになりました。


私は勤務時間が17時までだったので、
最初はフレックスで16時に事務所を出てなんとか対応していましたが、
事務所出勤するたびに帳尻合わせで一時間どこかで残業するのが難しくなったので、
現在は16時までの勤務に変更しました。
(月収3万円くらい減りました;;)



普段は最悪16時10分までに事務所を出られたら、
子どもよりも先に自宅に着けるのですが、

たまーに退勤間際に急ぎの仕事がきたりして、
定時すぐに出られないときがあったりします。





そのような時は、
息子のほうが先に家に着いてしまい、
私が帰ってくるまで、家の前で泣いて待っていることが数回ありました……(;_;)
(5分くらいで帰っているのですが、子どもにとっては、
いつ帰ってくるかわからないのでむちゃくちゃ不安ですよね。)



というわけで、
私が事務所出勤するときだけは、子どもに鍵をもたせることにしました。








そしてここにきて丁度学童閉鎖
学童がなければ子どもは14時〜15時くらいには帰宅します。

遅かれ早かれ、小1でも鍵を使う訓練をしておかないと、
今後仕事が続けられないな〜と思いました…。








でもやっぱり
小学1年生に鍵をもたせるの…
すっごく不安です。





盗難・紛失対策、子どもにとっての使いやすさ……

色々考えて便利グッズを購入したので、
我が家の場合をご紹介したいと思います。

子どもの鍵のもたせ方を考える

子どもに鍵を持たせる方法はたくさんありますが、
それぞれメリット・デメリットがありますね。

鍵の所持方法安全性利便性メリットデメリット
ランドセルの内ポケット紛失・盗難リスク低い
目立たない
使用時ランドセルを下ろす必要あり
スマートキー(電子錠)紛失しても登録削除できる
施錠解錠履歴が見れる
初期費用が高額
不具合発生時が致命的
ランドセル肩紐キーケース紛失リスク低い
使いやすい
商品によっては目立つ
鍵から目を離すので校内盗難注意
ベルトループや移動ポケット使いやすい毎日つけたり外したりが必要
遊んでいるうちに落下紛失の恐れ
ネックストラップ使いやすい体育の時など紛失盗難リスク高い
目立つので犯罪が心配
子どもの鍵のもたせ方(案)

余談ですが、
私が子供の頃、実家の鍵は玄関脇の棚の中に入っていました。笑

どこかでドロボーが、そこから鍵を出すところを見ていたら終わりですよね。
盗まれて困るようなもんは特に無い、とうちの親は言っていましたが。笑

今時はちょっと不安かなあ、と感じます。


完全に私の独断と偏見ですが、
それぞれ以下のようなイメージがあります。

ランドセルの内ポケットに入れる場合


個人的に一番安全なのは、
リールなどで繋げてランドセルの内ポケットに入れること

だと思っています。





子ども自身が他人にしゃべらない限り、
鍵を所持していることがわからないので、
ランドセルそのものを紛失・盗難されない限り安全だと思います。

セイバンの天使のはねは、
モデルによってはランドセルの内ポケット内に鍵用のフックがついているようです。
素晴らしい!
 →セイバン公式

うちの息子のランドセルはフィットちゃん。内ポケット内にフックはついていませんでした…。
その場合は、チャックに取り付けして内ポケットに入れるのが良さそうです。





ただ、内ポケットに入れていると、
いざ解錠する時に
いちいちランドセルをおろさないといけないのでちょっと面倒くさいですね。

私の友人の子どもの話ですが、
下校中トイレに行きたくなって急いで帰ってきたのに、
鍵をあけるのに時間がかかってしまい、

鍵を開けたら鍵をさしたままランドセルを玄関の外に置いて
急いでトイレに駆け込んだそうです…。


友人が仕事から帰宅したら、
玄関前にランドセル(リールでつながった鍵が玄関にさしっぱなし)がほっぽりだしてあって、
むちゃくちゃ怒ったそうな……


でもトイレ漏れるのも一大事だし、
子供が小さいうちは、鍵の出し入れのしやすさは大事ですね……

こうやって鍵の大切さや、使い方も練習していくんですよね。



スマートキーを導入する

注文住宅建てたけど、オプションの電子錠は採用しませんでした。

なんてったって高いから。




解錠・施錠のみで数万円+ドアノブ代。
解錠履歴や遠隔操作システムをいれるとさらにプラス10万円……

便利とはいえ、
ちょっと高いな〜という感じでした。





今は、あと付けできる電子錠(スマートキー)がたくさん出ていて、
解錠履歴の通知や、遠隔操作、近づくだけで解錠、オートロック等
多彩な機能を安く利用できます。

子どもに持たせる電子キーは、
万が一 紛失・盗難にあっても、
キー登録を削除すれば、紛失したものは無効にできますので、
とても安全ですね!



あと付けタイプはお安いとは言っても、
数万円〜はかかりますので、
他の方法にくらべてコストは高め



また、ネットの不具合やシステム障害・故障発生時は、
締め出しやドア故障など、損害が大きくなるので、
そうそうないとは思いますが、
正直少し不安なところはありますね……



ネックストラップや移動ポケットに入れる

子ども自身に肌身離さず持たせて安心なのが、

  • ベルトループ
  • 移動ポケット
  • ネックストラップ





肌身離さず持っているので、
解錠する時に出しやすく便利です。




こちらは鍵がつけられるDカン付き







しかし、
実際鍵を使うのは帰宅した際の一回のみなので、

子どもが遊んだり体を動かす時に、
簡単には外れない・壊れないものを使いたいですね。





あとこの方法は、子ども自身が身につけるので、
登校前/帰宅後に毎日つけたりはずしたりが必要です。

朝バタバタして忘れたりしないか、
親がしっかり確認しなければいけません。





また、体育やプール等、
着替えるときには、子供自身がきちんと管理できないと、
紛失のリスクが高くなる
というデメリットもあります。

ランドセルの肩紐キーケース

最近のランドセルには、
肩紐にフックが付いているんですね。
(自分が子供の頃は無かったような…?)


防犯ブザーとかをつけたりするようですが、
この部分につけられるキーケースも販売されています。

リールタイプなので、
ランドセルを背負ったまま解錠できるので、小さい子どもでも使いやすく便利です。





ただ、可愛くておしゃれなデザインの商品がたくさんありますが、
派手なもの、目立つものを選んでしまうと
明らかに鍵っ子
だとわかってしまいそうで、防犯面では少し心配です。




移動教室の場合は、
教室に鍵をかけると思うので大丈夫だとは思いますが、
鍵から目を離すことになるので、
すこし不安な部分はあります。



ランドセル肩紐キーケースを購入しました

という訳で、色々と吟味した結果、
我が家はランドセル肩紐キーケースを購入することにしました。


購入の条件は以下の通り

  • フックと肩ベルトでダブルで固定
  • 鍵が入ってることが目立たないデザイン
  • 小1でも使いやすいリール長め


落下防止、目立たず防犯、使いやすい
全ての条件を満たしたのが、
先に載せたカギリターンズと、下記のもの。


どちらにしようか迷ったのですが、
完全に見た目で、
ツバメランドセルのものを選びました。笑

ツバメランドセルのキーケースをレビュー

ツバメランドセルキーケース


合皮なので、
ランドセルにむちゃくちゃ馴染むし、
まるで純正品のようです。


ランドセルの定番色のカラーはありますので、
カラーを合わせれば目立たなくてとっても良いです!



合皮の劣化は心配ですが、
できれば3年くらい保ってくれると助かるな〜〜…

ダブル固定で落下防止

ランドセルの肩紐のフックと、
肩紐に巻き付けて、ダブル固定できるので、
落下の心配少ないと思います。

肩紐フックに固定


肩紐に巻きつけて固定




子供が走ってもブラブラしないのも良いです。



鍵はキーリング(リール)に固定

リールは、鍵が簡単には外れない、
2重のキーリングタイプでした。


カラビナ風の形をした
簡単にリングを開閉できるタイプだと、鍵が外れて落下しそうで怖いですが、
2重のリングタイプだとちょっと安心な気がします。
(とはいえリングが開いていないか定期的に点検はしておいた方が良さそうです)



万が一落下しても気がつくように
鍵に鈴でもつけておこうかな。

ボタンかマジックテープかは好みの問題?

カギリターンズはマジックテープ
ツバメランドセルのはスナップボタンタイプです。

スナップボタンタイプで開閉して鍵を引っ張り出します


スナップボタンタイプのものって、
強い力で雑に引っ張ると、ボタン自体が取れてしまうことがありますね。

実際こちらのキーケースのレビューにも取れてしまったという意見があります…。






一方マジックテープも、
埃がついて粘着面が弱ったり、
逆に粘着が強すぎてテープごと取れたりした経験もありますし…


それぞれ壊れる可能性はありますね。



小1男子が雑に扱って壊さないことを祈るしかないです……







小さい子どもの開閉のしやすさは、
マジックテープタイプでしょうか。

スナップボタンタイプでもうちの小1は問題ありませんでしたが、
レビューでは少しかたいという意見があります。



私は学校で簡単に開閉できないように、
むしろ硬めのほうが良いかな〜と思っています。

実際に使ってみて

事前にキーケースの鍵を使った解錠の練習をして、
大丈夫そうだったので鍵を持たせて学校に行かせてみました。



鍵を学校に持っていくにあたり、
息子とお約束をしました。

お約束
  • お家に帰って玄関に着くまで触らないこと
  • 学校では絶対に開けない、鍵を出さないこと


約束は守れたみたいですし、
普通に玄関のドア(ダブルロック)も問題なく解錠できたようです。





学校でスナップボタンがはずれて蓋が開いちゃったとか、
開け閉めしづらかったとか、
そういうことも無かったみたいで、

ひとまず安心しました。




今後は私が事務所に出勤する日だけ持たせて、
テレワークの日はキーケースごと外してお家で保管し、
学校には持って行かせないようにします。



アレクサの呼びかけ機能で1人でお留守番のときも安心

学童閉鎖で息子の方が私より先に帰宅する時は、

アレクサの呼びかけ機能
息子の帰宅確認をしています。
(うちはまだ携帯をもたせていません)





呼びかけ機能を使うと、
スマホのアレクサアプリから、
自宅のアレクサへ一方的に通話ができます。
(応答の操作が不要で、即通話ができます)





そろそろ子どもが帰宅したかな〜という時間に
アレクサで呼びかけします。

<アレクサアプリで自宅のアレクサに呼びかけ>

アレクサ(私)
アレクサ(私)

もしもし〜息子〜もう家についた〜?

息子
息子

今着いたところだよ〜

アレクサ(私)
アレクサ(私)

おかえり〜お母さんもう少し仕事するから、
手洗いうがい消毒しておいてね〜
宿題終わったらゲームしていいよ〜







音読の宿題だって、遠隔で聞くことができます。笑
前に夫が仕事の合間に音読の宿題を済ませてくれていました。

アレクサ(夫)
アレクサ(夫)

お〜い息子〜宿題おわったか〜?

息子
息子

終わったけどあと音読の宿題ある〜

アレクサ(夫)
アレクサ(夫)

今時間あるから音読聞くで〜

帰宅してからサインをするだけです。



複数の端末(スマホ等)で一台のAmazonEchoに繋ぎたい場合は、
1つのアカウントを共有する必要があります。

上記はイメージで、
現在我が家は夫のアカウントと紐付けしており、私は使用していません。
(ショッピング履歴等の夫婦間プライバシーの為)
私から何かある場合は、LINEで夫に依頼して、夫がEchoに呼びかけする形で運用しています。






小1に鍵をもたせて一人でお留守番させるの、
すごく不安でしたが、

学級閉鎖・学童閉鎖になったらもう留守番させざるを得ない…

安全なキーケースとアレクサを利用すれば、
ちょっとだけ安心できるようになりました。

画面つきタイプであれば、
映像が送信できるので、見守りにも使えますね。


まだまだ知らない機能がいっぱいありそうなので、
本を読んで勉強しようかな。




呼びかけ以外にもアレクサには大活躍してもらっています!




まとめ

突然の学童閉鎖でしたが、
幸いその前に鍵をもたせて留守番する練習もできていたので、
問題なく対応できました。


今後学級閉鎖になったとしても、なんとか対応はできそうです。
できるだけ特別休暇使いたいけどね…制度はあっても業務体制がね……






まったくとどまる所を知らないこの状況……
学級閉鎖や学童閉鎖は本当に突然ですね……
ワーママの皆様、
便利グッズを使って、ともに乗り越えましょう(;▽;)!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました